オリーブオイル


最近知ったのですが、オリーブオイルのほとんどに他の安い油が混ざっているとのこと!
アホエンオイルを教えていただいた都立駒込病院の脳神経外科部長篠浦伸禎先生も、オリーブオイルは偽物だらけの歴史があり、本物を探すことは困難と教えてくれました。

そんな中、ある日仕事で新宿に行った時、お昼をご一緒することになりました。
その方からつい最近オーガニックのお店(いただき繕東京店)ができたのでいかがですかとのことでしたので、早速向かいました(現在そのお店はオーナーの都合により移転し、新しい場所が見つかり次第新宿で再開するそうです)
ビーガン料理のお店でお肉や動物性の食品は全くなし。
私は4年以上前から肉抜きの食事を続けているので、それについては全く問題なし。
また、ふだん私はデザートなど甘いものはほとんど食べませんが、この時のデザートはココアで作ったチョコレート風ケーキと大麦のアイスでしたが、とにかく素材の風味がよく、砂糖なしにもかかわらずふんわりした甘みが印象的でした。
160731%e3%83%87%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%88

こちらの写真はビーガン寿司にデザート
160731%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%b3%e5%af%bf%e5%8f%b8
この時同行した方が写真を見てお魚のお寿司だと思ったそうですが、残念ながらすべて野菜などで作ったもので、
上段左からナス、アボガド、豆腐ステーキ、シメジとおくら、下段左からニンジン、大葉と大根、アスパラに豆腐マヨネーズ、エリンギ、キムパ(韓国風太巻き)です。
キムパにはいただき繕さんこだわりのオリーブオイル「れなり」を使用!%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%96%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab
このオリーブオイル、見た目は市販のエキストラバージンオイルと変わりませんが、香りが全然違うし、しつこくない!
店長さんに伺うと、オリーブから種を除いた果実をじっくり低温で絞った一番搾りのみを使用しているので、オリーブのジュースみたいなものであること、
通常安く販売されているオリーブオイルは少しでも安くできるよう、絞ったオリーブオイルに安価な油を加えているので、あのような値段で販売できるとのこと、
本物のオリーブオイルは光の入らないガラス瓶で保存され、ペットボトルで販売されるものではないとのこと、
ヨーロッパのオリーブ畑でも農薬の使用がほとんどだそうですが、ここのオリーブ畑も農薬などを使用していましたが、数年前から無農薬無肥料栽培を始めた、などをお聞きしました。

このオリーブオイル「れなり」は株主になれば購入できますので、ご購入に関しては株式会社貊村のサイトをご覧ください。(なお、紹介者名に佐藤和久と入れていただくと幸いです。)

今は自宅でも「れなり」を使っていますが、使った感想は、とにかく美味しいし、油っぽくないので、飲みやすいです!
値段もこの品質でこの価格はあり得ないですね!
おそらく正規の値段(3500円)が日本で良いオリーブオイルを手にする価格と同じような気がします。

今までも食品の安全が危惧され、添加物だらけで偽物の商品が多数を占めるようになっていますが、こういった本物の商品を少しでも多くの方に紹介できれば幸いです。